はりねずみのワインセラー

「これ飲んだな美味しかったな」「これ飲んでみたいな気になるな」を集める架空のワインセラーです。

【番外編:ビール】YUZU HAZY IPA

ずっと考えていた「ワインエキスパート」の資格取得に向けて、いよいよ本気で取り組もうと過去問をやったところ、(私、ビールほとんど飲んだことないじゃない・・・)という気持ちが湧いてきました。ソムリエ及びワインエキスパートの筆記試験には、本当に様々なお酒のことが出題されているんです。中にはミネラルウォーターに関する問題もありました!知らないことだらけですが、ひとつひとつ、知ると本当に面白いです。今まで、ばらばら、もやもやしていたことが、すーっと繋がっていく感じがします。

 

実際、日本での子供時代あるいは大学時代の経験を通じ(ビールって嫌・・・)というイメージがついてしまったのですが、それは飲み方・飲まされ方も含めてのものだった可能性もあり。

そういえば、ドイツのカールスルーエのお祭りで飲んだビールは、気分もあってか飲めたぞと。ならば、私が飲まず嫌いしていたビールのことを、もう少し知ってみたくなりました。

 

そこで、普段ビール好きじゃない、飲み慣れていない私が始めやすいビール3品を、いつもお世話になっているアサヒヤワインセラーさんで選んでいただきました。

 

1つ目がこれです。ゆずの香りがすごく気持ちよくて、案外飲みやすかったです。

f:id:hari_nezumi:20181127171536j:plain

KAGUAで使用している、高知県馬路村産のゆずを香港へ持ち込み、ゆずの柑橘溢れる香りと、それをさらに引き立てる3種のホップ「Denali」、「Amarillo」、「Citra」を使用した爽やかなIPAに仕上がりました。

【Gweilo beer】
2015年にファントムブルワリーとしてビールを販売し始めたGweilo。
2018年現在、香港で最も先進的な設備とスタイリッシュなブランディングを持つ新進気鋭のブルワリーです。

 

goodbeer.jp

でも苦味がしっかり追いかけてくるので、まだ慣れません。そこで少し飲んでビール煮込みに使いました。 その後、煮込んでいる香りを嗅いでいたらビールが飲みたくなりました。そうなると思って少しだけ残していた、同じビールを飲んだら合う(当たり前)。そしてビールが肉を本当に柔らかくするので、これは面白いぞと。

 

ちなみに、IPAというのはインディアン・ペールエールの略だそうで

元々ペールエールはイギリスが発祥で、イギリスでは定番のビールなのです。

そのペールエールが18世紀、植民地のインドにいるイギリス人たちに送るために生まれたのが「インディア・ペールエールIPA)」。何が違うかと言うと、有名な話では「輸送中に腐ってしまわないよう、防腐剤代わりにホップを大量投入し、アルコール度数を高めたのが「インディア・ペールエールIPA)」のはじまり」と言われています。

そのため、ペールエールに比べて、ホップの芳醇な香りと苦味が特長です。のど越しを楽しむようないわゆるラガー系とは正反対なのも特長的です。

日本人にとってビールとは、キンキンに冷やしてぷはぁ~というイメージが強いと思いますが、実はそれが美味しいのはラガービール。一方でペールエールというのは全般的に、味と香りを最大限に楽しむために、冷やしすぎずにじっくり味わうのがおススメと言われています。

「IPA」って何の略か知ってる?ビール愛好家に支持されるIPAとは? - ippin(イッピン)

私がドイツで飲んで美味しいかもって思ったやつはなんだったんだろう、気になります。

 

【コラム】イタリアで見た酒屋

日本で「カクウチ」という文化が流行っている。あとは試飲。これらは、販促につなげる、プロモーションとしてあるのだと私は思っていた。

しかし、イタリアに行って酒屋の前に人だかりができているという光景を見て、酒屋という概念が少し変わった。

harinezumi-winecellar.hatenadiary.com 

▼ミラノの中華街にある酒屋

www.cantineisola.com

 

f:id:hari_nezumi:20180322193119j:plain

f:id:hari_nezumi:20180322192618j:plain

f:id:hari_nezumi:20180322192844j:plain

 

日本でおしゃれっぽい酒屋にバールみたいなのがついているのはこういうことなのか、と思うような事例もあったのだが、それよりももっとプリミティブに盛り上がりを見せているものもあった。人がたまれる、コミュニケーションのハブとして都市に機能している。そんな、面白い「店」「店のスタッフ」「常連客」という関係がありそうだ。

 

オリム・バウダ社

ワイン会に行った。これまでもいろいろ参加しているのだがブログに転記を怠っている。今回は久々にメモ。美味しかったし。

https://www.tenutaolimbauda.it/

 

"Vini d'Italia 2018"を、電子で持ち歩くようになってすごく便利に。kindleで購入しても良かったのだが、部分的にプリントアウトできるように、イタリアでペーパーバックを買ってきてもらって、それを断裁・スキャンしてクラウドで持っている。

f:id:hari_nezumi:20181117123603j:plain

www.amazon.co.jp

トレ・ビッキエーリを取ったというフラッグシップ「ニッツア」というバルベーラ赤も美味しかったし、それができていくプロセスの物語も面白かった。

しかし、個人的には、イゾラヴィッラ(Isolavilla)という薄い赤のワインが好きだった。色から想像するよりずっとタンニンがしっかりしており、冷やして飲んでみたいと思った。香りは、グリニョリーノという葡萄の果皮からくるのだそうだ。

La Tenuta Olim Bauda della famiglia Bertolino, fondata nel 1961 e oggi gestita da Diana, Dino e Gianni, la quarta generzione, si sta imponendo in questi ultimi anni come una delle pii interessanti realtd astigiane. I vigneti di proprietd, situati nei comuni di Nizza Monferrato, lsola d'Asti, Fontanile, Castelnuovo Calcea e Gavi, sono stati impiantati tra il 1950 e il 2003, e vedono come uva di riferimento la barbera, cui si affiancano grignolino, moscato, cortese, chardonnay e un po' di freisa e di nebbiolo. Le Barbera della Olim Bauda, pur senza la conquista del massimo riconoscimento, restano ai vertici della loro tipologia. La Niua'14 presenta profumi di frutti rossi di bosco e un palato grintoso e di corpo, di buon frutto e succoso, mentre la Barbera d'Asti Superiore Le Rocchette '15 ai toni di terra bagnata e grafite fa seguire un palato fitto e concentrato. E piacevole e fresco, con sentori di fragoline di bosco, il Grignolino d'Asti lsolavilla'16, mentre d immediata e fruttata la Barbera d'Asti La Villa '16. 

f:id:hari_nezumi:20181116202015j:plain

 

f:id:hari_nezumi:20181116201511j:plain

それにしても、ピエモンテにもロールキャベツっぽい料理があるのか、と思った。カプネット、というらしい。

f:id:hari_nezumi:20181116201956j:plain

 

セルジオ モットゥーラ社

すごい久々です。大量に飲んでいましたが整理が追いつかないです。

でも、この写真を見たとき、チェックしとかないとと思いました。明日某所で飲み比べあるようなのですが、別件で行けないのです。

かんたまLab(仮称)vol.10『木樽とステンレス樽の影響の違いとは?』

イベントのページにはこんなことが書いてありました。

中部イタリアのグレケット種100%で作られた『発酵・熟成ともステンレスタンクだけ使用の白ワイン』と『発酵からバリック(小樽)を使用した白ワイン』を同時に飲み比べてみよう!ついでにオルヴィエートも飲んでみよ!

セルジオ モットゥーラ社、はりねずみワイン。特に左とかかっこいいんですよね?

f:id:hari_nezumi:20180928004338j:plain

【コラム】イタリアワイン紀行(6)ファエンツァのフィリッポさん

ついに、フィリッポさんがワインを造っているところに行くことができました。1年前からしたら考えられないことです。1年前にはまだこのblogは始まっていませんでした。

 

まずは1本のワインに出逢い、

harinezumi-winecellar.hatenadiary.com

そして造っているフィリッポさんに日本で会うことができ、

harinezumi-winecellar.hatenadiary.com

ついに、彼のワイナリーに行くことができました。彼のワイナリーは、最寄り駅はファエンツァというところにあります。ただ、そこから結構、山を上がったところです。

www.vignedisanlorenzo.it

f:id:hari_nezumi:20180320171426j:plain

f:id:hari_nezumi:20180320171710j:plain

f:id:hari_nezumi:20180320172044j:plain

f:id:hari_nezumi:20180320184112j:plain

 

私が訪問したときは、残念ながら、アグリツーリズモはおやすみの期間でしたが、春夏の4ヶ月間は、宿泊をできるスペースがあります。知的で優雅な田舎暮らしという感じがする、素敵な宿を見せていただきました。

www.campiume.it

 

フロントからいい雰囲気です。

f:id:hari_nezumi:20180320183055j:plain

 

リビング。朝食をとったりくつろぐ場所です(もっとずっと広いです)。f:id:hari_nezumi:20180320182152j:plain

 

いくつかの部屋。全てインテリアや間取りが違います。f:id:hari_nezumi:20180320182323j:plain

イタリアでは珍しく、バスタブのある部屋も。これだけでもぐっときます。いつかは泊まってみたいと思いました。

f:id:hari_nezumi:20180320182432j:plain

【コラム】イタリアワイン紀行(5)レッジョエミリアのリストランテ

レッジョエミリアは、ボローニャから電車でちょっと行ったところにあります。エミリア・ロマーニャ州です。しかし、街の雰囲気はだいぶ、ボローニャとは違う感じがします。

f:id:hari_nezumi:20180409005037p:plain

借りたアパートが素敵過ぎて写真を撮りました。ヨーロッパの家は壁がカラフルなのがいいんですよね。

www.airbnb.jp

f:id:hari_nezumi:20180319225655j:plain

 

アパートのオーナーさんおすすめのレストランに行きました。

www.ristorantecanossa.com

f:id:hari_nezumi:20180319203831j:plain

 

メニュー

f:id:hari_nezumi:20180319204253j:plain

 

f:id:hari_nezumi:20180319204302j:plain

f:id:hari_nezumi:20180319204310j:plain

 

ワイン。また違うランブルスコを。

f:id:hari_nezumi:20180319205526j:plain

 

熟成したパルミジャーノ・レッジャーノチーズ

f:id:hari_nezumi:20180319205649j:plain

グリッシーニ。周りに塩がついていて美味しい。

f:id:hari_nezumi:20180319205751j:plain

トルテリーニ・イン・ブロード

f:id:hari_nezumi:20180319210800j:plain

パッサテッリ・イン・ブロード。

なめらかな舌触り。お好みでチーズもかけて。

f:id:hari_nezumi:20180319210755j:plain

メインは肉盛り。ワゴンで来るので好きに言って選ぶ。

f:id:hari_nezumi:20180319212421j:plain

f:id:hari_nezumi:20180319212523j:plain

下二皿で1.5人前。結構な量。

大好きなボリートもコテキーノも入っています。

f:id:hari_nezumi:20180319212711j:plain

f:id:hari_nezumi:20180319212716j:plain

肉の付け合せ・ソースいろいろ。緑のソースが美味しかったです。

f:id:hari_nezumi:20180319212256j:plain

【コラム】イタリアワイン紀行(4)ボローニャのトラットリア

ボローニャエミリア・ロマーニャ州の街です。世界最古の大学と言われる、ボローニャ大学があります。街は若々しく明るい印象でした。

f:id:hari_nezumi:20180408202455p:plain

 

赤の街、と言われるボローニャ

f:id:hari_nezumi:20180319093549j:plain

今回ご紹介するのはこのトラットリア。

www.trattoriadelrosso.com

f:id:hari_nezumi:20180330184819j:plain

実は、2回行ってしまうほど気に入ったので、今回は、複数人、2回分の食事とワインが合わさっています(ので分量多いですがそういうことです!)

まずはメニュー。

f:id:hari_nezumi:20180330184840j:plain

f:id:hari_nezumi:20180330185414j:plain

 

ワインはこちら。

f:id:hari_nezumi:20180318192613j:plain

 

f:id:hari_nezumi:20180318192619j:plain

 

とても美味しかったランブルスコ(この地域の赤の泡)

f:id:hari_nezumi:20180318194427j:plain

f:id:hari_nezumi:20180330190137j:plain

 

料理はこんな感じ。

 

◆前菜

サルミの盛り合わせとニョッコフリットとスクアックローネというチーズ。

f:id:hari_nezumi:20180330190338j:plain

 

◆PRIMI PIATTI

伝統的な郷土料理を攻めています。

ブロードに入ったトルテリーニ。

f:id:hari_nezumi:20180318194933j:plain

タリアテッレラグー。タリアテッレが分厚くて、ラグーと絡みます。

f:id:hari_nezumi:20180318194918j:plain

グラミーニャサルシッチャ

f:id:hari_nezumi:20180330192802j:plain

この日の特別メニュー。緑のトルテッリ、ポルチーニのソース。この緑の皮に何が練り込まれているのか知りたかった。少し苦味がある。

f:id:hari_nezumi:20180330192749j:plain

 

◆SECONDI PIATTI

鶏と野菜

f:id:hari_nezumi:20180318201256j:plain

ボローニャ風カツレツ

f:id:hari_nezumi:20180330194400j:plain

 

◆デザート

f:id:hari_nezumi:20180318204551j:plain

f:id:hari_nezumi:20180330195816j:plain

f:id:hari_nezumi:20180330195902j:plain

 

なんと奥では料理教室が行われていました!次回はチェック??

f:id:hari_nezumi:20180330201727j:plain